Property Lease Incentives

店舗デザインをする時のコンセプトの考え方について

店舗デザインをする時のポイント

店舗のデザインをする時は、もちろんその業種の事を考えながら依頼主の希望も聞きながらデザインしていくのですが、それ以外にもデザインする人のクセも出てきてしまいます。なかなか事細かに希望を伝えてくる人もいないので、最終的にはデザインする人の好みが出てしまう場合が多いです。その為、依頼する側もどの人がどのようなデザインをする傾向があるのかを事前に調べておく事も必要です。できてから修正するというのは難しい事なので、デザインする人が好きな傾向と依頼する人の好みの傾向が合致しているのかどうかは相談をしている間に見極める事が大事です。外装は特にお客さんに入ってきてもらう入口になるので、入ってきやすい空気作りができているかどうかも大きく関わってきます。

デザインする側とされる側の関係性

デザインだけではなく、内装においては仕事がしやすいような機能性もいい作りが求められます。ここの部分も依頼主の希望はもちろんですが、依頼主では分からなかったいい機能の作りをしてあげる事で、それまでの仕事とは違うやりかたで仕事がしやすくなる場合もあります。想像できないような魅力のある内装と機能性のある作りをしてあげれば評価も高くなりますし、デザインの依頼も口コミなどで増えていくでしょう。それだけデザインとは仕事量にも深く関わってくるのです。そして信頼が作られていくのです。デザインをする側も依頼する側もどちらもその後の仕事が増えるので一石二鳥の関係性へとつながっていくのです。

店舗デザインは、お客様へ店舗コンセプトや商品イメージを伝えること及びスタッフが働きやすい空間をデザインすることが重要となります。商品やサービス内容よりも、大きく売上や集客に影響する場合があります。