Property Lease Incentives

注文住宅を建てる時はどんな手順で行っていくか

スケジュール管理をしっかりする

夢のマイホーム購入で、マイホームを注文住宅で建てる場合には、建売の一戸建て住宅を購入するよりも時間がかかるのが一般的です。ですから、できるだけ早めに検討を開始していきましょう。

注文住宅を建てるために必要になるのが、土地です。土地探しから行っていくわけですが、どのあたりに土地を購入したいのかを明確にします。住みたい地域が決まったら、住みたい地域の不動産情報をインターネットで調べます。そのうえでいくつかの不動産屋さんに連絡して実際にお店を訪れます。

お店を訪れたら、どんな土地に家を建てたいのかを細かく話して、その条件にあった土地を不動産屋に探してもらいます。複数の不動産屋に探してもらうことで、いくつか魅力的な土地が出てくるでしょう。そして、土地を見学したり、土地周辺情報を確認して購入するかどうかを決定します。

土地が決まったらハウスメーカー

とても重要なポイントである土地の購入が決まったら、次は注文住宅を建ててくれるハウスメーカー探しです。住宅展示場にいくと、大手のハウスメーカーが中心になりますが、いくつものメーカーの建てた家があり、担当者と相談できます。一日で多くの担当者と相談できるので、満足のいく時間を過ごすことができるでしょう。

魅力的なハウスメーカーがわかれば、見積もりを提示してもらい、さらに細かい相談をした上で納得がいけば契約です。

あとは、建築士と相談して図面を書いてもらって、家を建てる作業へと進んでいきます。

決まり切った家を建てていくのとはわけが違うので、建売一戸建て住宅を建てるより、注文住宅のほうが時間がかかるので、計画性をもって進めることが重要です。

フリーダムアーキテクツの公式サイト