Property Lease Incentives

オール電化なら安全性と低コストを両立出来るってホント!?

オール電化ならは世代を問わず安全性に優れている

オール電化の物件は、全体的に設備グレードが高く設定されています。大家が入居者の居住性を考慮して選んでいるので、建設コストを極限まで安くするためにプロパンガスを導入して、入居者へ高い料金で使わせて設備コストを回収するビジネスモデルとは真逆です。火を直接使わないことにより、火災リスクが少なくなるだけでなく、火傷発生を予防出来る仕組みが採用されています。安全性を重視するなら、オール電化は欠かせない存在となりつつあります。

深夜電力を利用して光熱費が安い

家庭内で最も光熱費が掛かる部分は、給湯関連です。水を一瞬でお湯に変えるためには、膨大な熱量を加える必要がありますが、深夜電力を利用して沸かしたお湯を貯水タンクに入れて保温すれば、低コストでお湯が利用出来ます。発電所の稼働率を急激に上げ下げすることは、発電効率が悪くなるので、余った深夜電力を活用する電気温水器ならば、プロパンガスでは考えられない安さで1日に必要なお湯を沸かせるわけです。

電気温水器は災害時に役立つ

深夜電力を活用出来る電気温水器は、オール電化住宅には必須のシステムです。電気温水器内には常にお湯が貯湯されているだけでなく、一定量の水も確保されているので、大規模災害時に断水が発生しても、災害用バルブから内部の水とお湯を利用可能となっています。オール電化ならば、常に災害時の給水面での備えが自動的に出来ているので、安心して利用可能なわけです。安全面を考慮しつつ災害にも強いオール電化を導入している大家ならば、入居者のために設備面も重視していると考えられます。

千歳の賃貸では、水回りや空調、セキュリティなど、様々な設備が存在しており、物件ごとに設備内容を比較しながら選べます。