Property Lease Incentives

優良物件を探すなら賃貸物件のオーナーと管理会社を調べよう!?

オーナーが賃貸経営を家業として行っているか

賃貸物件を探す時に、オーナーが賃貸経営に対してどこまで積極的に行っているのか確認出来ると望ましいです。なぜなら、単に投資目的で賃貸経営しているオーナーの物件に入居しても、入居者同士のトラブル発生時に対応が期待出来ないからです。昔ながらの賃貸経営を行っているオーナーは、経営効率が悪いと言われていても、人情味溢れる人が多いので顔が見える付き合いが出来ます。オーナーの顔も知らない状態で部屋を借りている状況は、賃貸借契約のみの繋がりしかなく、困った時に相談出来る身近な存在ではありません。部屋を貸す側と借りる側というシンプルな関係のみならば、1つボタンの掛け違いが発生した時に解決手段が見つかりにくくなる原因となるので注意が必要です。

管理会社に任せっきりの物件は要注意

部屋を内見した時に、オーナーと話せるか確認してみると、不動産屋または管理会社の反応が分かって参考になります。なぜなら、オーナーが管理会社に任せっきりの状態となっている場合には、世代交代や投資物件という扱いとなっているので、入居者管理を管理会社に丸投げしていることが分かるからです。管理会社は、自社都合で様々な条件を入居時や更新時に勝手に追加してくる可能性があるので、賃貸借契約を結ぶ前と更新時には、オーナーと会うか直接電話連絡して確認すると良いです。不当な契約条件を管理会社に追加されていると、オーナーに確認した時に判明するので、契約条件の交渉を有利に進めることが出来るでしょう。

新札幌の賃貸は駅から徒歩圏内の物件でも比較的リーズナブルなところが見つかるという特徴があります。さらに車移動も視野に入れればぐっと予算を抑えられます。