Property Lease Incentives

誰もが気になる?超高層マンションの耐震性能

タワーマンションの驚くべき耐震性能

東京には、数多くのタワーマンションが立っていますよね。これらは、地震が来たときに倒壊してしまう恐れがないのでしょうか。タワーマンションが万が一にも倒壊するようなことになれば、多くの人の命が失われてしまいます。その建物に住んでいる人はもちろん、周囲にいる人たちにも被害が巻き起こるのは確実です。ですから、タワーマンションの耐震性能は非常に厳しい基準が設けられているのです。その厳しい基準をクリアしないと建築が不可能になりますが、ほとんどすべてのタワーマンションは並の一戸建て以上の耐震性能を有しています。大きな地震が来たとしても、ほとんど倒壊する心配はありません。ただ、すべてのマンションが厳しい基準に適合しているわけではありません。昔に建てられた背の高いマンションの中には、十分な耐震性がないケースも見受けられます。耐震化の工事を進める予定なのだけれど、まだ着工には至っていないというパターンも多いですね。公的な建物は予算の関係で耐震化が見送られている場合もあります。

具体的にどうやって耐震性を上げているのか

タワーマンションのような巨大建造物は、ただ単純に壁を分厚くすればそれで耐震化が果たされるわけではありません。共振作用というものがあって、何も対策を講じていなければ上層階部分は揺れが増幅して大変なことになります。そのため、多くの建物で免震機構が導入されているのです。これは、地震の揺れを建物に伝えにくくするシステムのことです。建物自体に揺れの力が伝わりにくくなるので、建物が大きくしなって上層階が大変なことになることもありません。

格安な大宮のマンションを手に入れたい場合には、中古物件に注目することが重要です。中古物件であれば駅前でも価格が割安であり、通勤時間の短縮も実現可能です。