Property Lease Incentives

デザイン次第で店舗への入りやすさが変わる!?

店舗デザインで何が変わるのか!?

店舗デザイン次第で売上が変わることはないと思っていませんか?実はそのようなことはなく、店舗デザイン次第で、売上が大きく変わることもあるのです。その理由の1つが、店舗デザインによって入店してもらえるかどうかが変わるという点です。例えば同じものを販売しているお店だとしたら、ガラス張りで中の様子が見える店舗と、中の様子が見えない店舗だったら、どちらの店舗に入るでしょうか。このとき、多くの方が入店するのが、中の様子がわかる店舗です。店舗デザインで入りやすい雰囲気を作ることによって、入店してもらえるきっかけを作ることにつながります。入店してくれる方が増えれば増えるほど、売上に貢献してもらえる可能性も高いのです。

ターゲット層を絞って店舗デザインを決めよう!

実際に店舗デザインについて考えるときには、どのような方に来てもらいたいか考えるようにしましょう。ターゲット層が女性なのか男性なのか、若い世代に来店して欲しいのか、年配の方が多く訪れる店舗にしたいのか考えます。ターゲット層を絞ることによって、そのターゲット層に合わせた店舗デザインにできます。世代や性別が異なれば、入りやすいと感じる店舗デザインも異なります。だからこそ、ターゲット層の方を決めて、その方たちが入店しやすい店舗デザインを決めることが大切です。店舗デザインを考えるうえで迷ったら、ターゲット層の好みをリサーチするのも1つの手です。リサーチの結果に基づいて、より良い店舗デザインにできるように工夫しましょう。

マイホームの内装デザインにこだわりたいと思うのは自然なことです。しかし、あまりにもこだわりすぎ独特のデザインにしてしまうと、カーペットやカーテン、家具など既製品が使用できなくなる可能性があります。